hikkoshi-love-02-05

引越しの当日にバタバタしないように事前に知っておくべきこと

引越し当日は、やることがたくさんあってバタバタとあわただしくなることでしょう。

しかし、引越し業者に対して的確に指示を出していかなければ、予定通りに作業が進まなくなる可能性もありますから、事前にしっかりと準備や段取りを済ませておくようにしましょう。

当日にまずやるべきことは、当日まで使っていたものを引越し業者が来るまでに梱包しなければなりません。

引越し業者が到着したあとは、基本的にはすべての作業をお任せすることになりますが、気をつけて運んでほしい荷物などは一声かけておくと安心です。

業者が荷物の搬出をしている間は、作業の邪魔にならないようにあまりウロウロしないように気をつけます。

ただし、指示を出す必要がありますから、外で待機をするというわけにはいきません。

作業員の方にいつ質問をされてもいいように、つねに見える位置で作業を見守るようにしましょう。

すべての荷物を搬出したら、積み忘れがないかすべての部屋を業者のリーダーの方とチェックをして回るようにします。

それが終わったら、掃除機をかけて水拭きなど、軽く掃除も行っておくようしておきましょう

それが終わったら、電気のブレーカーを落として旧居での作業はすべて終了ということになります。

賃貸物件の場合は、あとは部屋を管理会社などに引き渡すのみとなります。

引越し先に搬入をする場合、まずは搬入前に電気のブレーカーを上げておきます

その後、どの場所に荷物を置くのかを的確に作業員に指示を出していくことが大切です。

事前に引越し先の間取りが分かっている場合は、どこに何を置くのか前もって考えておいいて、見取り図などに書いて業者に渡しておくと搬入作業がスムーズにいきます。

搬入作業がすべて終了したら、荷物が全部そろっているかをチェックします。

同時に、家具や家電などに破損がないかもチェックします。

問題がなければ引越し料金の精算をして、とりあえずは無事に引越し完了となります。

まだ日が暮れていないようであれば、近隣への挨拶に行くようにするといいしょう。

作業の終了が遅い時間になってしまったら、挨拶は翌日で構いません。

ダンボールの荷解きは、とりあえず当日まで使っていたものだけを行って、あとは翌日以降に少しずつ行うようにするといいでしょう。

参考ブログ:引越し見積もりのカラクリと業者選びのコツ