hikkoshi-nimotsu-02-4

引越し業者とトラブルにならないために知っておくべきこと

引越しのときによくあるトラブルのひとつに、荷物の破損があります。

荷物を破損した場合は、多くは引越し業者の保険が適用されることになります。

しかし、破損ではなく、荷物が紛失してしまった場合には保険が適用されない場合が多いので気をつけた方がいいでしょう。

そもそも引越し荷物が紛失することはまれなことであり、荷物の紛失を証明するのが難しいということから、保障の適用外になっているのだと思います。

しかし、現実的には引越し業者による紛失は少なくないようです。

ダンボールがまるまる一箱消えてしまったなどという事例も、実際にはあるようです。

ですから、引越しのときには大事なものは自分で運ぶべきです。

また、段ボールは何個や、家電や家具の点数を事前に把握しておき、積み込みの際に業者といっしょに確認をすることが大切です。

荷物を写真で撮っておくのもひとつの手でしょう。

また、ダンボールにはマジックなどで連番を振っておくと、一箱だけなくなってしまった場合には気がつきやすくなります。

物の紛失や破損の次に多い引越し業者とのトラブルは、料金についてのトラブルになります。

トラブルの原因の多くは、当初の見積もりよりも高く請求されたというものです。

こういった場合、実は業者側ではなく自分に非がある場合も多いので注意が必要です。

たとえば業者が訪問して見積もりときよりも荷物が多くなった場合であれば、料金がアップするのは当然です。

大きな家具や大型電化製品などを、当初は持って行かずに処分する予定で話していたのに、当日になってやっぱり持っていくことにした、などという場合です。

このような場合は事前に連絡して、料金が変わるかどうか確認しておく必要があります。

追加料金が発生した場合は、どういう理由でそういった金額になるのか、その場でスタッフに内訳を確認するようにしましょう。

どうしても納得がいかない場合は、引越し業者のお客様相談室などに確認をしてみたり、消費者センターなどに相談をしてみるといいでしょう。