Germany, Bavaria, Grobenzell, Family carrying cardboard box for moving house

家族での引越しの際には事前の計画と準備が重要です

家族で引っ越しをする場合には、単身の場合のように気軽に計画を立てるというわけにはいきません。

単身の引越しであれば自分の都合だけで日程や荷造り作業を進めていけます。

ちょっと気合を入れてやれば、1日で荷造りを済ませることも出来るかもしれません。

しかし、家族での引越しの場合にはそう簡単にはいきません。

家族にはそれぞれに予定や仕事などがありますので、全員の都合の合う日時を計画しなければなりません。

また、引越しの準備にしても、各々が好き勝手に始めてしまうと、荷造りなども収拾がつかなくなってしまう可能性があります。

当日になっても荷造りが終わっていない家族が1人でもいると、パニックになってしまうことでしょう。

そういったことにならないように、家族での引越しにはしっかりと計画を立て、準備をしていくことが大切なのです。

具体的な準備としてまずやるべきことは、引越しの日程を決定し、業者を手配することです。

3月などの引越しシーズンにぶつかってしまうと、かなり前から日取りを決めておかないと、希望日に業者の予約が取れなくなってしまう可能性もあります。

家族全員の都合のいい日が分かったら、なるべく早い段階で引越し業者の手配をするようにしましょう。

学校に通う子供のいる家族の場合には、引越し1ヶ月前までに子供の学校の転校手続きなども済ませておくといいでしょう。

また、不要品の処分なども少しずつ始めておくと後になって楽になります。

2週間前~1週間前には荷造りを始めたり、郵便物の転送願い、新居の掃除、市役所等の手続き、電気やガス・水道の手続きをやっておくといいでしょう。

ただ、荷造りは家族1人ひとりがバラバラにやっていると、収拾がつかなくなる可能性もあるので、なるべく全員の都合のいい日にやるようにするといいでしょう。

あくまで、個人的な荷物だけを少しずつ各自が時間のあるときにやるようにすればいいと思います。

hikkosi002

引越しをするとき知っておくべき挨拶とマナーについて

引越しが決定してから、実際に引越しをするまでにはしばらく時間があります。

引越しをする前に日までには近所の人たちやお世話になった地域の人などに、挨拶を済ませておくようにしましょう。

これまで長い間お世話になったことのお礼や、近所の人には、当日の作業でなにかと迷惑をおかけする可能性があることをお伝えしておきましょう。

引越しの挨拶のために、特別に何かを用意する必要はありません。

ただ、どうしても何か手渡したいということであれば、あまり相手の負担にならないタオル
などを用意しておくといいかも知れません。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合には、ご近所だけではなく必ず管理人さんにも挨拶をするようにしましょう。

引越しの当日は、どんなに慎重に作業をしたとしても、どうしても音などが出てしまうものです。

なるべく近所の人たちに迷惑がかからないよう配慮をすることは当然ですが、マンションなどの場合には事前に管理人さんと話し合って、なるべく迷惑がかかりにくいと思われる日時を選んで引越しの日取りを決めるようにするといいでしょう。

引越しの作業中にでたゴミは、持ち帰るのが基本です。

どうしても持っていけないゴミが出てしまった場合には、ゴミ当番の人や管理人さんになんとか処理をお願いできないかどうか聞いてみましょう。

そのままゴミを放置して引っ越してしまうのは、マナー違反ですし、人の迷惑になりますので絶対にしないようにしましょう。

挨拶は、引越し先でもしておいた方がいいでしょう。

最近では、アパートでの一人暮らしをする人の中には、挨拶をしないという人も増えているようですが、新しい転居先でなにかトラブルがあっては大変です。

挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいませんから、たとえ一人暮らしであっても可能な限り挨拶はしたほうがいいでしょう。

家族でも引越しや戸建てへの引っ越しなどの場合には、ご近所への挨拶は必須といっていいでしょう。

挨拶をするのは引っ越しをしたその日が望ましいのですが、場合によっては当日の挨拶が難しい場合もあります。

荷物の搬入作業に思ったよりも時間がかかって夜遅くになってしまったりすることもあり得ます。

非常識な時間に無理に挨拶に行くよりも、そういった場合には翌日に挨拶をすれば問題ないと思います。

戸建てに越した場合、どの範囲まで挨拶をするかですが、向こう三軒両隣へは必ず行っておくべきだと思います。

マンションの場合なら、自分の部屋の上下と両隣に住んでいる人に挨拶をしておけばいいでしょう。

こちらの場合も、挨拶の品は相手の負担にならないタオルなどを事前に用意しておくとベターです。